カテゴリ:電影類( 55 )

2015年 07月 17日
魅惑の世界と無粋な脚本。「バケモノの子」感想
本記事の構成は
・ややネタバレ感想
・(余白)
・完全ネタバレこまごま列挙
となっております。

 さてバケモノの子。身寄りをなくした‥‥というか拒否した少年がバケモノに拾われ、人としてバケモノとして成長していく…というお話。

 毎回毎回極端に評価が割れることでおなじみの細田映画だけに不安はあったのだが、やはり好きなことは好きなので今回も映画館に足を運んだ。先に言ってしまえば今回も大筋では「いつもの細田映画」であり、とにかく惹かれる部分の多さ少なさが主観評価の要になる。先に好きになってしまえばヌルい部分は気にならない、というのが細田映画だ。イビツであれども尖ってる、というのが細田映画だ。

――途中まではよかった。途中まではベストキッド的バケモノキッドなお話で、そこそこに爽快感もある純然無骨な成長譚である。半分ケモノでファンタジーな世界はなかなかに素敵だ。俺も「このまま余計なことをしなけりゃ今回はイケるのでは…!?」と思えた。

 ところがどっこい細田映画、そのような淡い期待は許さない。今回も中盤で「いつものやつ」が始まってしまい、アッこれはヤバいのでは‥‥という思いが脳裏をよぎった。よぎったが、序盤にそこそこノれてたのでギリギリ大丈夫だった。このあたりはまあ、ツッコミどころはありすぎるものの、「なんで決めつけるんだよ!」のあたりとかイケてるし中学生日記的な良さはある。

 ところがどっこい細田映画、二段オチならぬ二段落ちでこの映画は転落する。試合はイケてる楽しめる。しかしながらその前から「闇」が張り巡らされてるので、ああ、このあと来ちゃうんだろうな、「闇」‥‥というのがわかってて、それでその通り「闇」が来ちゃう。来ちゃうんだもんなー闇!あーー!もーー!!このへんは後述のネタバレ感想で書こう‥‥。

 ともかく、序盤からそういう片鱗は出てたし、マサキのじーさまも言ってたが、この映画は説明しすぎ・直接的に描きすぎなのである。萎えるったらない。一生懸命登山したら山のあらゆるところに立て看板が死ぬほど立ってた、みたいな残念気分である。宮崎吾朗ならまだわかるが、あの、あの細田守が‥‥機微に富んだ芝居を描ける細田守がこんなに脚本を書けないとは‥‥。餅は餅屋なのだろうか。正直やっぱり抑えて、今まで通り原案だけにしたほうがいいと思う。

 闇を闇として、穴を穴として描いちゃうのも台無し極まりなかったが、台無しといえばそもそも念動力とかいらないよね‥‥。明らかに格闘とか筋肉修行より強いし‥‥一応「念動力としては」小石飛ばすくらいに留めてるけど。終盤の無駄スペクタクルもいらないし‥‥。「紅の豚」寄りにすればいいのに‥‥。そうすっと劇中だけで三番煎じになるかと思いきや、親は重量バトル、子は能力vs軽業の細身バトルで差別化できるじゃん‥‥?はあ、湿っぽくなっちまったな‥‥

 誤解しないでいただきたいのは、「じゃあわかりにくくすればいいってことなの?」ではないということだ。ひねりにひねって直接的じゃない描写に走りすぎると後年の宮﨑駿みたいな変な映画になってしまう(面白いけど)。専門家じゃないからうまく言えんが、こう、バランスがよお‥‥

 というわけであまり褒められない映画でした。とは言っても、何度も申し上げるが刺さる人には刺さる。いいところはあるのよ!ダメなところを良さと勢いで殴り飛ばすことができるかどうか、というのが細田映画なのだ。そしてオリジナルを作り続けてるというのはものすごいことなのだ。よっていろんな人に観てもらいたいし、いろんな感想も聞きたい。ファッキンdisブログを読んでないで映画館にGo!プリンセスプリキュア!

 以下、しばらくの改行を挟み、だらだらネタバレ感想に移る。蛇足なんで読まなくてもいいけど、本編を観る気がある人は帰ってきてから読んでね☆

続きを読む...
[PR]

by wonderful-si1ver | 2015-07-17 20:54 | 電影類
2014年 07月 15日
Androidでビューティフルなドリームでも見るか。
とらんきらいざあ?

ビューティフルドリーマーは今の子が観ても面白い? - Togetterまとめ

4年前、正確には2010年3月24日にうる星やつら本編を見てない状態でビューティフルドリーマーだけ見た。初見。本編に関しては「懐かしアニメランキング」みたいな番組で紹介される部分くらいの知識しかない。あたるとラムちゃんしか知らない。

んで、映画はもちろん面白かったしすごかったんだけんども、「うる星やつらを見に来た前提でこれが上映されたらたまげるだろうな!」っていうのが第一で、あとは「これハルヒで見た」とか「すげえ金かかった押井守のうる星同人みたい」とか、脱線した感想のほうが強かった。押井作品もあんまり見れとらんが。

「同人みたい」は例えが良くないんじゃが、わしとしては単体の映画として見始めたから「これうる星やつらのキャラ関係あるのか?」ってなったわけよ。今もって本編知らんからエッセンスよくわからんけど、メインが長門とかまゆしぃとかカミナギとかでも成立する話じゃね?と思ったわけです。まあそのへんはTogetterのコメントで「ビューティルフドリーマーはうる星やつらのDLC」って言われてて納得。

Togetterで@adenoi_todayさんが「普遍的な面白さ」の話をしてるけど、まさしくそういう部分は面白かった。最初のシーンはめちゃめちゃカッコイイし、どこにも行けないシーンや世界が見えるシーンはゾクゾクくるし、ラムが校舎飛んでくとこは作画すごかった気がするし、何より終わり方が大変良いよね。アレがアレなのもいいし、カメラが引いていくだけなのもすごくいい。あと歌がスゲー良くて今もずっと聴いてる。むしろ歌こそ今まで知らなくてすんませんでしたって感じだった。マジ衝撃的。あなたの愛はパラダイス。

そんでこの映画が俺の中で本懐を遂げられたのかっていえばできてないでしょう。現代性に3割削がれ、本編を知らない俺の無知無学に3割削がれ‥‥でせいぜい「当時出し切れた力」の4割くらいでしかわたくしに攻撃できなかったと思います。それでもそこそこは心に刺さったあたりが旧世紀の神の底力、作品の地力ではないかと存じます。

3年前に「遊星からの物体X」を初めて見たときも思ったけど、現代の底本になってるものは今やっぱり「古典」なのよね。「当時新しかったのかもしれない部分」があまりにあんまりリスペクトされて現代の底本になってるせいで、昔の作品はお話の核とかヤマとかを感知しにくいです。「あ~‥‥ここが‥‥見せ場‥‥なのかな?」みたいなの、つらい。


はー。で、ここまで長々と書いてきたけどここまでの話はだいたいどうでもよくて本題からもズレるけど、そもそも「ビューティフルドリーマーは神!ビューティフルドリーマーは神!」っていまだに触れ回ってるアニメおじいちゃんたちが全部悪いよね。時代性を差っ引くとしても、せめて「うる星やつらをそれなりに見た状態で与えられるビューティフルドリーマーはご褒美として神!」くらいに修正しろよな。あれ「うる星やつらを見てない状態」でもわかるくらい「うる星やつらを見てる人向けに作られた作品」じゃん。いや、流れとしては当たり前なんだけど。鈴木敏夫のイノセンス詐欺ばりに重罪だよあのテの人たちは。おジャ魔女どれみドッカ~ン!の40話がいくら面白いからってなあ、おジャ魔女歴を積み重ねてねーやつに急に見せても真の面白さは伝わらねーんだよボケッ!まったくもう。ぷんぷん。


ふう‥‥。あっ、今回オチも結論もないのでどうぞ、ループ議論にお戻りください。



B00005FDMO
「うる星やつら」 ラムのベスト・セレクション2
[PR]

by wonderful-si1ver | 2014-07-15 06:02 | 電影類
2009年 09月 24日
振り返って、紅。
B0018DEX92
TVアニメ「紅」オリジナルサウンドトラック
いやはや素晴らしい、気付けば1年以上聴いてるぞ。
まったく色褪せないなー、去年のベストサントラだわ。


B0017LZRAY B0017LZRBI B0017LZRBS B0017LZRC2
紅 1 [DVD] ★紅 2 [DVD] ★紅 3 [DVD]
紅 4 [DVD] ★紅 5 [DVD] ★紅 6 [DVD]
アニメも面白かった。途中シナリオがひどいとこあるけど、演技や演出・作画は出色。
特に1話で紫(悠木碧)の演技を聞いたときは心底驚いたものよ。そうか、1年前か‥‥
前に全話感想を書いてるので、気になった人は見てくりゃれ。
[PR]

by wonderful-si1ver | 2009-09-24 04:04 | 電影類
2009年 04月 05日
けいおん!で学ぶ構図・演出
d0003952_2336756.jpg

どん!


d0003952_23364763.jpg

どん!!


d0003952_23371497.jpg

どーん!!!


というわけで京アニファンお待ちかねのけいおん!がハジマリました。
「お待ちかねなのはハルヒ2期だボケ!」なんてツッコミはヤボだぜ!

1話を見ながらの感想はTwitterに書いてたのでそっちから引用。
【けいおん】 ほお、このディゾルブは新しいな。スタイリッシュ。 2009/04/03 23:30:29

【けいおん】 ホントに画面遷移おもしろいなー(2回目) 2009/04/03 23:46:33

【けいおん】 ドラムの人のハイテンションな演技面白いなー 2009/04/04 0:09:47
 (※ドラムの人:田井中律。演者は佐藤聡美。)

【けいおん】 髪がファ~ってなる演出が何回もあるし、確かに微妙にジブリ感が出てるなw 2009/04/04 0:17:54
 (※Twitter上で「なんとなくジブリっぽい」と発言した人がいたため)

【けいおん】 いやーディゾルブ面白い(3回目) 2009/04/04 0:33:27

【けいおん】 4回目のディゾルブはあんまり面白くない。 2009/04/04 0:40:05

【けいおん】 作画よく動く、背景ビュリホー、演出おもしろい、構図凝ってる、キャラ立ってる、などにより継続試聴。シナリオはずっと面白くならない気がする。たまに足がやたらむちむちになってるのだけ気になった。 2009/04/04 0:55:06

【けいおん】 あとファッションとか小物も面白いね。俺は裏方思考なので、普通の見方で面白いのかは怪しい。 2009/04/04 0:56:49
というわけで今期の試聴確定アニメ第一号になりましたとさ。

俺的な見所はとにかく構図。レイアウト。
静止画だと分かりづらいが、少々解説する。

d0003952_23394547.jpg
天井付近から俯瞰での撮影。かなりの面白アングル。
木造(?)校舎の良さが映える。


d0003952_23401253.jpg
超ロングで魚眼、すべてをド正面・ド真ん中で撮ってる。
実は軸をずらしてるカットが多いので、正面からの構図がより引き立つ。


d0003952_23403713.jpg
「背景」を手前に持ってきたうえで、被写界深度を浅くして遠景をぼかす。
これもそうそう見られない秀逸なカット。ついでに「全員」が後姿なのも面白い。
余談だが、このカットの左半分は上に行くにしたがってカメラと壁との距離が伸びているので、
Photoshopだとグラデーションでマスクかけてぼかし(ガウス)をかければ再現できると思う。


d0003952_2340573.jpg
「早く言わなきゃ‥‥!」のシーン。
静止画だとただの(キレイな)背景なんだが、実際はカメラを地味に揺らして
プレッシャーや不安感を表現している。


d0003952_2341090.jpg
ガン泣きする主人公を見切れるほどアップに。
カメラは床から200~250cm程度の位置にあり、かなり俯瞰気味。


などなど。
多くなるので撮らなかったが、唯が部室に入ってすぐのシーンでは
笑顔と強調した逆光で部員の下心を表現してたり、「地の文」が大変に面白い。
ちなみに、変なカットは普通のカットの合間々々に差し込まれるから響くのであって、
これが変なカットばっかりだとけっこう疲れたりする。
例えばシャフトのアニメなんかはいつもそんな感じなので、OPは面白いけど本編からはイマイチ感が漂う。
京アニはそこらへんの匙加減が実に上手く、落ち着いて見ることができるのだ。
今期はこれを楽しみにしていこうと思います。

- - - - - - - - - - - - - - -






OPとEDもヒジョーにクオリティが高い。
俺ぁ特にEDが気に入ったぜ!カラータイツ厨も垂涎のデキですね!
please don't say you were lazy♪ だってー本当は crazy♪
「白鳥たちは so 見えないところで バタ足するんです」とか歌詞も面白いし。
アヒルのバタ足ってやつね。
エンディングはホントにハマったので何回も聴いてる。イイ‥‥


B001TK8WWS B001TK8WXC
Cagayake!GIRLS(初回限定盤) [Single] [Limited Edition] [Maxi]
Don’t say“lazy”(初回限定盤) [Single] [Limited Edition] [Maxi]

- - - - - - - - - - - - - - -

はあ、けいおんはそんなとこで。
まだ見てないけど、ファントム、バスカッシュ、BASARAもどうやら面白そう。
1期がチョー面白かったイナズマイレブンも期待できるし、今期ヤベーな!
アニメライフはまだまだ続く!待て!次回!

ZENストーン 2GB
ZENストーン紹介記事


[PR]

by wonderful-si1ver | 2009-04-05 23:45 | 電影類
2008年 10月 25日
亡念のザムド
d0003952_3232952.jpg

aliceに「なんかいいアニメないのー?」と聞かれ、
「あーうんまーザムドが評判いいみたいよ」とか見てもないのに答えた結果、
「面白いぞ!見ろ!」として返ってきた一品。
結果から言えば、これは良い!めちゃめちゃクオリティ高い。
既存の作品を切り貼りしてるような印象はあるが(特にエウレカとジブリ)、
良質の作画と豪華スタッフ・キャストでカバーしている。
 (※キャラデザとかはエウレカの人だしボンズ制作なので当然といえば当然。)
繊細な表情や形振り身のこなし、豪快な戦闘作画、手の込んだ背景などは素晴らしい。
2話のハルの格闘やザムドとヒトガタの戦いは見ていて気が晴れる。
aliceをして「映画みたい」と言わしめたが、まさしく映画の品質である。HD!

- - - - - - - - - - - - - - -

さて、俺的に特筆したいのは小物のデザインと色彩設計、そして構図。

d0003952_324316.jpg

これとか(手前)

d0003952_3242625.jpg

これとか(電気)

d0003952_3244817.jpg

これとか(これはちょっと狙いすぎてる感があるが)。
3話までしか見てないが、まあ、だいたい分かった。
あとはシナリオ次第、かな。

- - - - - - - - - - - - - - -

Amazon.co.jp: EXPOSED: BOOM BOOM SATELLITES: 音楽
Amazon.co.jp: VACANCY: Kylee: 音楽
テーマ曲は両方洋楽。OPは去年発売済み、EDは12月発売。
OPは好きだけどEDは別にー、とか思ってたら、ED歌ってるの14歳らしい!
14歳!14歳‥‥!
才能ある子どもは好きなのよねー。ちょっと注目したい。
とりあえずは以上で。


[PR]

by wonderful-si1ver | 2008-10-25 03:25 | 電影類
2008年 07月 07日
「紅」全話感想
紅 1 TVアニメ「紅」オリジナルサウンドトラック 紅 (集英社スーパーダッシュ文庫) 紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)

YouTubeアニメまとめ - 紅 -kurenai-
いやはや、本当に良いアニメだった。
プレスコによる濃密な演技、繊細かつ大胆な作画、全員立ってるキャラクター‥‥
端から端までスキがない。こういうアニメは久しぶりだなー。
演技は全声優がハイレベルなのだが、特に悠木碧は凄まじい。
1992年生まれってなんだチクショウ!すごいぞ!

ああ‥‥そういうわけで主にTwitterに書いた感想をまとめて転記しておきまスワ。
お前らさっさと全話見やがれ!

- - - - - - - - - - - - - - -
「紅」1話試聴。なんだこのロリ!スゲー!
正直こんなに高いクオリティは想定してなかった。
手抜きナシで着物描いてるだけでもスゲーのに本と演出も明らかにハイレベル。
アニメというよりは舞台・ドラマ的な手法で見せてるな。素晴らしい。
02:02 AM June 25, 2008 from web

「紅」2話:ちょっとこれは久々にすごいアニメだ。
なぜイマイチ話題になってないのかさっぱりわからん。
繊細な「描き方」が心にしみる。
04:03 PM June 25, 2008 from web

「紅」3話:不覚にもメガネなし銀子にドッキリしてしまった。
唐突だろ!反則だ!
それにしても精巧な本だなー。3者掛け合いのところは素晴らしかった。
あれはアフレコ形式では描けん。
01:39 PM June 26, 2008 from web

「紅」4話:紅香さんかっけー!
比較的地味にいろいろ明かしていく話だったが、やっぱり面白い。
後半は真九朗の重心がおかしくないですかね。常に後方に倒れそうで気になる。
02:16 PM June 26, 2008 from web

紅5話:これまた地味な話であるが、ゆーのちゃんは強くてよいですね。
地味格闘が見れてよかった。
ところでこのアニメ、作画と作画の間に背景のレイヤーが入ってることがよくあるけど、
普通あんまりやらないよね?技術的な意味で。
01:07 PM June 27, 2008 from web

「紅」6話:ヤバい!銀子メガメ外さないでくれ!ホントにドキドキする! [1:17]

「紅」6話:なんだこのシナリオw
これはエウレカでいうところのサッカー回だな [1:26]

「紅」6話:いやー、面白かった。こんなに頭の中をお花畑にされたのは初めてだ。
これは本当にホンットーに大変なアニメを見てしまったな。
紫の声も凄さが褪せない。これが新人?これが16歳?
ほんの細やかな息づかいでさえ、ひしひしと命を感じる。素晴らしい演技だ。 [1:42]
銀☆ピカ : ついったー避難所

「紅」7話:うわーハラハラした!そうか、6話が最後の一華か‥‥
タマキ‥‥罪な女よのう。 [2:11]
銀☆ピカ : ついったー避難所

「紅」8話:エエーッ!1クールなのにED歌変わるんかい!
それはさておき、中盤の死亡フラグ連発で吹いてしまった。
敵も「表沙汰にはせぬよう云々」とか言いつつ正面きって攻めてくるし意味がわからん。
クオリティは相変わらず高いものの、これまでに比べるとイマイチな本。
09:15 PM June 28, 2008 from web

「紅」9話:エエーッ!あのED一回だけかよ!
それはさておき、赤い服の女かっけーな。
銀子の美人さと赤服の戦闘力をもった嫁がほしい。
‥‥エッ?本編?あー‥‥九鳳院コエー!ってとこですかね。
あと弥生の跳躍が人間離れしてるのが気になったかな。
10:12 PM June 28, 2008 from web

「紅」10話:これはもしや碇シンジ的内罰展開‥‥と思ったら
さすが真九朗くん(と紅香)、やってくれましたね。
それにしても銀子!銀子がラブリーすぎる!
あー、もうすぐ終わりか‥‥寂しい‥‥
02:22 AM July 03, 2008 from web

「紅」11話: @kanose が「紅の戦闘は肉の重さを感じる」みたいなことを言ってたが、まさしくその通りで面白い。
ただ、半身水に浸かってる状態であんな鋭い回し蹴りは出ないよなー、
とか気になるところはある。
10:33 AM July 05, 2008 from web

「紅」12話:いやはや、やはり大人数の掛け合いになると、
アフレコ作品とは全然空気が違うのが浮き彫りになる。
もう全部プレスコにしてほしいくらいレベルが違うぜ。
そして格闘!これが素ぅ晴らしい!
正攻と崩月流であんなに違う動きを描けるとは‥‥アニメーターの鑑だぜ‥‥(続く)
10:46 AM July 05, 2008 from web

「紅」12話(続):崩月流は酔拳っぽい流し身が最高。
これこそマトリックスに足りなかった動きよ!
最近は普通の跳躍すら描けないアニメーターがいっぱいいるのに素敵だわぁ。
大筋のシナリオもなかなか面白い感じにまとまってて良かった。
ここ数年でイチバンのアニメだなあ、これは‥‥
10:53 AM July 05, 2008 from web

ってなもんで。
いやはや、ホント最高でした。


[PR]

by wonderful-si1ver | 2008-07-07 03:36 | 電影類
2008年 05月 26日
俯瞰風景
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】

サブタイが出るところで無限回廊を連想したのは僕だけでいいです。

空の境界見たけど‥‥うーん、これは‥‥
原作を読んだ(5ページでやめた)ときも文章に違和感があってダメだったんだが、
アニメでもやっぱり合わなかった。どうもナスキノコとは相性が悪い。
なんか誰が喋ってるのかワカランのよね‥‥顔が映ってても何かがおかしい。
どうも文章から妙な統一感が漂ってるというか、
異様な整合性を感じるというか、とにかくまあ違和感がな。
この感覚は詩を読んだときと似てるような‥‥
詩じゃないのかこれ。叙事詩。

アニメとしては、式が滑りながら着地するところが良かった。
カメラに水がかかるのも良かった。が、アニメ的な見所はそこくらいだな。
あと背景の二段道路‥‥なんていうんだアレ、アレの夜景も良かったな。
「戦闘がよかった」なんつー話もあったけど、
戦闘なんて一回もなかったよね。一方的な攻撃なら2回あったけどさ。
気になったのは効果音。なんつーか、いちいちうるさい。
耳に障るというよりは癇に障るというか。ごく個人的な意見かも。
ナイフを抜くときの音がブロードソード抜くみたいに長いとか、
帯締めるときの音がやたらデカいとか、そんな感じ。
音楽はだいたい良かった。梶浦由記だもんね。

あと、アイス食うシーンがなんか‥‥
地の文がずらずらーっと書かれてそうな場面だったんだけど、
どうにも描ききれてない気がした。何か表現しようとしてるのは見えたけど。
つーかあのエロ視点なんなの?
あのポーズで「んっ‥‥ふぅん‥‥」とか言われても困るよね。

‥‥真綾さま?あー、なんか普通でしたね。うむ。

総合的にはツバサのアニメと感覚が似てないこともない。梶浦由記だし。
まあ、つまり、つまるところつまらなかったワケですね。ハイ。
俺これ映画館で1800円出して見たらかなり後悔すると思うわ。
でもなんか、ずっと浸ってると気持ちよくなってきそうな気もするのよな。
未体験ゾーンに慣れてないだけなのだろうか‥‥

そんなところで。長くなったんで通常記事は分割。


[PR]

by wonderful-si1ver | 2008-05-26 23:28 | 電影類
2007年 12月 26日
街で見かけるたびに 違う子連れてる 嬉しそうに呼び止めないで
はぁーい!よい子のみんな、元気してるカナ?
サンタのおねーさんだよーっ☆
今日はおねーさんからプレゼントがあるから最後まで楽しんでってね!

- - - - - - - - - - - - - - -

(^o^)‥‥

- - - - - - - - - - - - - - -

テレビ予告2本。
今週の金曜ロードショーは「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」!
イレギュラーな時期にルパン(再)ですな。
おおっ、野沢那智が出てるぞ!結界師での彼の演技がアツくてのう、ちょっと好きなの。

そして次回のプリキュアが神作画!たぶんドラゴンボール戦闘!
前回から物語も佳境に入りましてね‥‥いやー前回はエロかった。
のぞみとココが二人で相合傘しながら
のぞみ「こっちの道‥‥誰も通ってないよ‥‥?」
ってけしからぁぁぁぁん!けしからん!連れ込むな!
そして別れの予感に泣き出すのぞみ!指一本触れずに諭すココ!
「そこは抱きしめてやれよぉぉぉ!」と思いつつ、
精霊と人間、教師と生徒、愛と別れ、王子と乞食(←?)
といった反目するアレやコレに配慮してるのか!とも思う。
しかも最後は二人が見つめあった画のままフェードして
「この先はご想像にお任せします」状態ですよ!フンガー!
どうすんのコレ!どうする!
次回1月6日!第46話「カワリーノ非情の策略!」をお楽しみに!

- - - - - - - - - - - - - - -

ザ・シンフォニーホール Yes!プリキュア5 夢の音楽会
なんだこれはw
幼女たちにプリキュアをオケで聴かせてどうするつもりなのか‥‥
しかもプログラムに白鳥の湖とかカルメンとか入っててウゼー!
空気を統一しろよw

- - - - - - - - - - - - - - -

さて、お楽しみのプレゼントだが‥‥

つづきをよむ...
[PR]

by wonderful-si1ver | 2007-12-26 01:26 | 電影類
2007年 10月 09日
ストレンヂア感想他
ストレンヂア ナビゲーションDVD

さて、土曜(6日)はストレンヂアを見てきたぞ。
面白かったことは面白かったんだが、どうも漠然とした面白さで‥‥
特筆するところがあんまりないんだよな。俺にウケないタイプ。

前情報ほとんどナシで行ったらグロまっしぐらでびっくらこいたわ。
俺はグロ耐性ちょっとあるからいいけど、
長瀬クンとかのために行ったジャニオタとかは悲惨かも。

個人的には映画クレしんとかエヴァ劇場版みたいな量感ある戦闘を期待してたんで、
冒頭の高速バトルで拍子抜けした感じ。
まぁよく考えればタイトルからして超次元的なんだけどね。

監督の安藤真裕って誰?と思って調べたら、
エヴァ弐号機が槍で貫かれるシーンの原画の人らしい(作画@wiki)。
むむ、なるほど。

作画。
戦闘が見えない。確かに作画はいいのだが、どうも
例のガイドラインに引っかかったアニメを無理やり修正したような感じのブレブレ感」
があってゴチャゴチャした印象を否めなかった。(グレンラガン最終話もな。)
荒れ寺でムチ使いと戦うシーンなんかはハキハキしてて良かったでござる。
いや、お前じゃねえ、犬に言ったんだよ。

この映画で最も良かったのは
間違いなく今まで見た中で最高の雪だった。(というと見たとき「?」になるかもしれんが)
奥行き・空気感・速度その他諸々がすべて正しく、美しかった。
あのなんでもないようなシーンだけは目が釘付けになったわ。
あれはさすがに撮影の仕事ではない?それともボンズ撮影部が頑張ってたのか?

音楽も良かった。このブログでは誰もが知ってる佐藤直紀だが、ヤハリ神業だなアレは。
ホントにどんなジャンルでも書けるんだなぁ、としみじみ。

「名無しがついに剣を抜くところが見所ですね」
とか言われて期待してたんで「え?そこで抜くの?」と思った。
や、まああそこしかないですけどね。
あと、ずーっと将藍(大塚明夫)との絡みを振ってきてたのに一回も絡まなかったのが‥‥

さて、カラミといえばお楽しみのアッー!ゾーンですが、
まぁそこはjackくんに任せましょう。
ホントどこまでも妄想できる感じだったな‥‥腐女子界震天ですわ。

ちなみに背景担当は美峰だったんだが、
ヱヴァも美峰だったり知り合いの(腐)女子が美峰大好き人間だったりするので
「また美峰か!!」と立ち上がって叫びそうになった。

まぁこんなところか‥‥ってけっこう書いたなオイ。

え‥‥あ、真綾さま?あ、ああ、そうだった‥‥
マジでビックリするくらい出番がなかったね!3回くらいしか喋ってないよ!
↑のナビゲーションDVDではナレーションをやってるらしいので、
マーヤ目当ての人は映画を見ないでナビDVDを買いましょう。
ぼかぁ声優マーヤは別に‥‥

と、いうわけでした。
他にも別件で書くことはあるが、長くなりすぎたのでここまで。
久しぶりに24時間で3回も更新してるしな。


[PR]

by wonderful-si1ver | 2007-10-09 00:59 | 電影類
2007年 09月 27日
DAICON5
3連休でたっぷりアニメを見ました。
HDDレコは6月とかの番組が未見で残ってるから恐ろしい‥‥

時をかける少女 通常版
■時をかける少女(2回目)
テレビでやったやつ。まぁ詳しい感想は前に書いたからいいとして、
2回見ると「ああ、伏線だらけだなぁ‥‥」って感じでおもすろい。
しかし冒頭でネタバレしてるアレはちょっと‥‥初見では分からない、のか?

天元突破グレンラガン(完全新作アニメーションDVD「5.5話:俺のグレンはピッカピカ!!」同梱)
■天元突破グレンラガン 26話「行くぜ ダチ公」
ほほう、あの熱い話のあとに落ち着いた話を持って来(´;ω ;`)ブワッ
こ、これは‥‥ちょっとエヴァ最終話を思い出したが、これは‥‥
よもや毎回泣かされることになるとはなっ!いや、泣いてないけど。心が泣いた。
これはひょっとしてひょっとするとマイベストアニメになるかもしれんな。
次回、最終話。

電脳コイル (1) 限定版
■電脳コイル 17話「最後の夏休み」
ハラケン(´;ω ;`)ヤサコ(´;ω ;`)
こういう地味に切迫した状況は好きだな。
いや、切迫したっていうか「切迫してるかもしれないと思ってる」ヤサコか。
関係ないけど↑のDVD1巻のジャケすごくね?
限定版とはいえ仮にも1巻だぞ?
初っ端からこんな大胆でアンニュイなデザインができるなんて!
製作の自信がビリビリ伝わってきて痛いくらいですわ。

Yes!プリキュア5 オリジナル・サウンドトラック1
■Yes!プリキュア5 33話「大スクープ!プリキュア5独占取材!」
マスコミか!は置いといて、神作画だったじゃないか!
ゆめゆめ油断ならんやつよのう、プリキュアは‥‥
まぁ暇な人はニコニコでどうぞ。戦闘は13:20あたりから。

残酷な天使のテーゼ/FLY ME TO THE MOON
■新世紀エヴァンゲリオン
エヴァ熱が再燃してついうっかりDVD-BOXを出してしまう。
俺が持ってるのはこの前出て回収されたやつじゃなくて2003年に出たヤツね。
「一気に見るとアレだから週に一本ずつ見るか!」とか思いながら見てたら
ついうっかり20話まで見ちゃったよハハハ。モンハンやりながらだけど。

いやー、しかしすごい。これはやっぱりすごいぞ。
新ヱヴァの前半があまりにもスキだらけだったんで油断してたが、
旧世紀版はホントにまったく付け入るところがない。
「ここおかしくね?」程度の部分はあるが、演出の整合が取れてないわけではない。
ヱヴァの前半はヤバイくらい会話の「間」がオカシイ(だいたい短い)んだが、
旧世紀版は端から端まで完璧に「空気読んだ」テンポで進行する。
ヱヴァもラミエルに入ってからは良かったけど、「笑えばいいと思うよ」がやっぱり早かったな。

旧世紀版で気になったのはまぁ塗りムラ(セルだし)とか
1話2話で声優さんが慣れてなさそうなところくらいかな。
特に1話のゲンドウはリテイクした方がいいと思いました。吹いたわ。
最初のサキエルとかはヱヴァに比べるとショボく見えるけど、
テレビクオリティとしては十分すぎるよね。

あとヱヴァの零号機再起動実験は零号機が壁に頭を打ちつけてから止まるけど、
テレビ版だとその止まり方は14話でシンジくんが零号機に乗ったときのモノですね。
それにしてもシャムシエルを回収しないと四号機のS2実験ができないのでわ‥‥

つーか俺はなんだ、ラガンだのエヴァだのGAINAXのトリコか!
ちくしょう、ちくしょう‥‥おもしれえんだよぉぉぉ!

- - - - - - - - - - - - - - -

っとまあこんな感じで。
長々とありごとうございますた。


[PR]

by wonderful-si1ver | 2007-09-27 00:34 | 電影類