「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年 07月 17日
魅惑の世界と無粋な脚本。「バケモノの子」感想
本記事の構成は
・ややネタバレ感想
・(余白)
・完全ネタバレこまごま列挙
となっております。

 さてバケモノの子。身寄りをなくした‥‥というか拒否した少年がバケモノに拾われ、人としてバケモノとして成長していく…というお話。

 毎回毎回極端に評価が割れることでおなじみの細田映画だけに不安はあったのだが、やはり好きなことは好きなので今回も映画館に足を運んだ。先に言ってしまえば今回も大筋では「いつもの細田映画」であり、とにかく惹かれる部分の多さ少なさが主観評価の要になる。先に好きになってしまえばヌルい部分は気にならない、というのが細田映画だ。イビツであれども尖ってる、というのが細田映画だ。

――途中まではよかった。途中まではベストキッド的バケモノキッドなお話で、そこそこに爽快感もある純然無骨な成長譚である。半分ケモノでファンタジーな世界はなかなかに素敵だ。俺も「このまま余計なことをしなけりゃ今回はイケるのでは…!?」と思えた。

 ところがどっこい細田映画、そのような淡い期待は許さない。今回も中盤で「いつものやつ」が始まってしまい、アッこれはヤバいのでは‥‥という思いが脳裏をよぎった。よぎったが、序盤にそこそこノれてたのでギリギリ大丈夫だった。このあたりはまあ、ツッコミどころはありすぎるものの、「なんで決めつけるんだよ!」のあたりとかイケてるし中学生日記的な良さはある。

 ところがどっこい細田映画、二段オチならぬ二段落ちでこの映画は転落する。試合はイケてる楽しめる。しかしながらその前から「闇」が張り巡らされてるので、ああ、このあと来ちゃうんだろうな、「闇」‥‥というのがわかってて、それでその通り「闇」が来ちゃう。来ちゃうんだもんなー闇!あーー!もーー!!このへんは後述のネタバレ感想で書こう‥‥。

 ともかく、序盤からそういう片鱗は出てたし、マサキのじーさまも言ってたが、この映画は説明しすぎ・直接的に描きすぎなのである。萎えるったらない。一生懸命登山したら山のあらゆるところに立て看板が死ぬほど立ってた、みたいな残念気分である。宮崎吾朗ならまだわかるが、あの、あの細田守が‥‥機微に富んだ芝居を描ける細田守がこんなに脚本を書けないとは‥‥。餅は餅屋なのだろうか。正直やっぱり抑えて、今まで通り原案だけにしたほうがいいと思う。

 闇を闇として、穴を穴として描いちゃうのも台無し極まりなかったが、台無しといえばそもそも念動力とかいらないよね‥‥。明らかに格闘とか筋肉修行より強いし‥‥一応「念動力としては」小石飛ばすくらいに留めてるけど。終盤の無駄スペクタクルもいらないし‥‥。「紅の豚」寄りにすればいいのに‥‥。そうすっと劇中だけで三番煎じになるかと思いきや、親は重量バトル、子は能力vs軽業の細身バトルで差別化できるじゃん‥‥?はあ、湿っぽくなっちまったな‥‥

 誤解しないでいただきたいのは、「じゃあわかりにくくすればいいってことなの?」ではないということだ。ひねりにひねって直接的じゃない描写に走りすぎると後年の宮﨑駿みたいな変な映画になってしまう(面白いけど)。専門家じゃないからうまく言えんが、こう、バランスがよお‥‥

 というわけであまり褒められない映画でした。とは言っても、何度も申し上げるが刺さる人には刺さる。いいところはあるのよ!ダメなところを良さと勢いで殴り飛ばすことができるかどうか、というのが細田映画なのだ。そしてオリジナルを作り続けてるというのはものすごいことなのだ。よっていろんな人に観てもらいたいし、いろんな感想も聞きたい。ファッキンdisブログを読んでないで映画館にGo!プリンセスプリキュア!

 以下、しばらくの改行を挟み、だらだらネタバレ感想に移る。蛇足なんで読まなくてもいいけど、本編を観る気がある人は帰ってきてから読んでね☆

続きを読む...
[PR]

by wonderful-si1ver | 2015-07-17 20:54 | 電影類